有限会社環境テクシス|会社概要|東三河学生就職NAVI「リクrooting」2024

有限会社環境テクシス

日本の食料問題にアプローチする、ベンチャービジネス

最終更新日:2022/10/04

  • 新卒者募集中
企業名(ふりがな) 有限会社環境テクシス(ゆうげんがいしゃかんきょうてくしす)
業種 メーカー(食品、農林、水産)  その他商社  その他サービス
本社所在地 愛知県豊川市白鳥町山桃5番1
資本金 1,300万円
従業員数 18名
募集職種 ■一般事務 ■営業(法人向け) ■生産・製造技術開発
HP 当社テクシスのサイトはこちら
  • 全国を相手にする企業
  • 業績好調につき事業拡大中
  • 女性が活躍している会社
  • 実力主義の会社

最新メッセージ(更新日:2022/02/25)

こんにちは!有限会社環境テクシスです。
環境テクシスは、飼料・肥料の製造(メーカー機能)、 飼料の販売(商社機能)、コンサルティングの3つの事業を展開しています。
私たちと一緒に食品の資源循環で新たな価値を生むリサイクルシステムを構築しませんか?
まずは、お気軽に会社説明会にお越しください☆
皆さんとお会いできることを楽しみにしています!!

本社工場

代表取締役/高橋 慶

会社プロフィール

創意工夫により新たな価値を創造し、WIN-WINのリサイクルを目指します!

食品リサイクルはさまざまな取り組みが全国各地で行われています。しかしながらその多くは「処理のためのリサイクル」であり、生み出されるリサイクル製品の質は決して高いものとは言えませんでした。
また、高品質なリサイクルを行っている場合も、非常に高いコストがかかっているケースがたくさんあります。
当社が目指す食品リサイクルは、高品質なリサイクルと低いコストの両立です。
リサイクル製品を使っていただいたお客様、原料を供給していただくお客様のどちらからも喜ばれることを目指して努力しています。

低コストで高品質なエサを目指して真剣に討議

食品残さがエサとして生まれ変わります

事業内容

環境テクシスは食品の資源循環により新たな価値を生み出すリサイクルシステムの構築を目指しています。食品工場から排出される食品廃棄物を、 畜産農家が活用する飼料に加工して提供しており、全国の畜産農家、食品工場と取引があります。食品工場さんと農家さんの間でコーディネーター的役割も果たしています。また、製造した飼料を利用して関連会社で養豚業も始めました。技術力を活かして、大学などと共同研究も行っており、他にも、環境に関するさまざまなコンサルティングを行っています。
仕事を通じて社会に貢献したい方、新しいことに取り組むことに興味がある方には、まさにピッタリの環境です。

ここで加工を行います

会社データ

本社所在地 〒442-0848 愛知県豊川市白鳥町山桃5番1
電話番号 0533-87-5512
FAX番号 0533-95-5570
創立 2005年
設立 2005年
資本金 1,300万円
代表者 代表取締役/高橋 慶
売上高 1億8,000万円(2022年12月期)
売上高推移 1億4,500万円(2020年)
1億2,100万円(2019年)
9,100万円(2018年)
事業所 本社:愛知県豊川市白鳥町山桃5番1
グループ会社・関連会社 株式会社リンネファーム:愛知県豊川市安原5-1
おもな取引先 (株)ヤマサン、春日井製菓(株)、群類畜産、三宝化学工業(株)、キリンビール(株)
許認可類 産業廃棄物収集運搬業
産業廃棄物処分業
一般廃棄物処分業
従業員数 18名

参考データ

月平均所定外労働時間 10 時間 (2021 年度実績)
有給休暇取得日数 11.1 日 (2021 年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0 % (2021 年度実績)

その他トピックス

経営理念 私たちは創意工夫をもって資源循環により新たな価値を生み出し、持続可能な社会実現に貢献します。
~日本が求める循環型ビジネスを実現することで、社会の困りごとを解決する会社です~
◆日本のエコフィードのトップカンパニ エコフィード(eco-feed)とは、エコ+フィード(飼料)を組み合わせた言葉で、食品工場から出る食品廃棄物などを原料としてつくる飼料のことです。食品廃棄物のリサイクル化は、今や日本中が注目するビジネス。その中で、エコフィードを先駆けて開発しています。
そして、私たちの会社では、食品工場から発生する多種多様な食品廃棄物を飼料として再利用するために研究しています。さまざまな方法を組み合わせることで、飼料として利用できなかったものも飼料原料として利用できるようになります。環境テクシスでは研究成果に基づいた豊富な実績とネットワークにより食品廃棄物の飼料化を推進します。
◆今、時代が求める新しい食品リサイクルビジネス 食料を生産する際は、日本中の食品工場から膨大な食品廃棄物が発生します。例えば、ラーメン・うどんの工場、ヨーグルト・牛乳・清涼飲料水の工場、パン・お菓子の工場、 ビール・酒類の工場など。これらの食品工場から発生する食品廃棄物を、独自技術で畜産用の飼料に生まれ変わらせるのが、私たち環境テクシスです。多くの食品メーカーの困りごとと、多くの畜産農家の困りごとをマッチングさせ、時代が求める新しい食品リサイクルビジネスを生み出しました。これらのビジネスは資源の有効利用のみならず、飼料自給率の向上を図る上でとても大切な取り組みです。そして、食品廃棄物を飼料として利用することで、環境保全やコスト削減にも貢献します。ますます期待されるマーケットで、新しいビジネスを生み出していきます。

沿革

2005年03月 会社設立 ~工場内の工事から現場作業、営業活動、経理まで社長が1人でがんばる日々でした
2005年09月 「ゆうきのススメ」普通肥料登録取得 ~評判の良い有機肥料です
2006年08月 産業廃棄物収集運搬業(名古屋市)許可取得
2007年01月 産業廃棄物処分業・収集運搬業(愛知県)許可取得
2008年03月 エコフィード(リサイクル飼料)製造開始 ~肥料に加え、エサの製造も始めました。
2012年03月 リキッドフィーディング製造ライン設置 ~液体のエサを製造することで、従来リサイクルが難しかったものも有効活用できるようになりました。
2012年04月 一般廃棄物処分業許可取得
2013年07月 業務拡大のため工場移転 ~従来の約2.5倍の広々とした工場に移りました
2017年02月 (株)リンネファームを設立。豚肉はどこまでおいしくなれるか?追求しています。
2017年04月 新卒社員第1号が仲間に加わりました!

問い合わせ先

問い合わせ先 〒442-0848 愛知県豊川市白鳥町山桃5番1
TEL:0533-87-5512 FAX:0533-95-5570
担当:高橋みゆき
URL https://eco-techsys.com/
E-mail saiyo@eco-techsys.com
交通機関 【電車では】名鉄本線国府駅より徒歩約30分または名鉄豊川線八幡駅より徒歩約20分
【お車では】国道一号線「京次西」交差点を豊橋方面へ約3分