総合埠頭株式会社

輸入自動車日本一の三河港で、世界をつなぐ港湾物流を支える会社。健康経営にも取り組み「健康経営優良法人2021ブライト500」の認定を受けています!

最終更新日:2022/03/24

  • 新卒者募集中
  • 第二新卒者
企業名(ふりがな) 総合埠頭株式会社(そうごうふとうかぶしきがいしゃ)
業種 サービス(物流、運輸、倉庫)
本社所在地 愛知県豊橋市明海町5-54
資本金 5,000万円
従業員数 24名
募集職種 ■総合職
HP 総合埠頭株式会社のサイトはこちら
  • CSRに積極的
  • 無借金経営の会社
  • 地元密着企業
  • 歴史と伝統のある老舗企業
  • ポジティブ・アクション実施中
  • 女性が活躍している会社
  • 外国語が活かせる会社
  • 転勤無し勤務地限定
  • UIJターン歓迎

代表取締役社長広浜 全洋

オープン&フェアの精神で持続可能な成長を目指す

当社は東三河地域の開発を目的とする株式会社総合開発機構のグループ会社として、1971(昭和45)年5月に三河港明海埠頭において港湾運送事業を営むために設立されました。現在は海外から輸入される完成自動車及び石膏や飼料などの原料を明海埠頭で陸揚げし、2020(令和元)年からは、新たにバイオマスエネルギー燃料貨物を取り扱っています。(株)総合開発機構が所有する岸壁では、一般的な公共岸壁で取扱いが難しい「原料貨物」を取り扱うことができます。昨今ではカーボンニュートラルや脱炭素の国策に乗りバイオマスエネルギーでの需要が旺盛です。また、名豊道路の4車線化、浜松湖西・豊橋道路、明海町・老津町28号線等の物流ネットワークが強化される予定で、西は四日市、東は御前崎までの豊橋市を中心とした半径1時間の輸送圏が早期に実現すれば、「原料貨物」を取り扱える優位性はより強固なものになります。引き続き、バイオマスエネルギーの拠点になるよう、輸入者に提案を続けています。また質の良いサービス提供のため業務の効率化も合わせて進めています。

(1)お客様の信頼 (2)会社の発展 (3)社員の誇り (4)地域に貢献の経営理念のもと、日々の業務に取り組んでいます。社風は「オープン&フェア」を信条に、法令順守及び内部統制を含む企業統治を徹底するだけでなく、自分の思ったことを積極的に発言でき、その意見をしっかり聞く耳を持ち、柔軟に行動に移せる組織作り職場環境改善にも取り組んでいます。

通関士の育成をはじめとする社員のスキルアップや女性の登用、健康経営にも積極的に取り組んでおり、2017(平成29)年1月には女性活躍推進法に基づく厚生労働大臣の認定「えるぼし(認定段階3)」と、2020(令和2)年6月にはとよはし健康宣言事業所最優秀賞を受賞、2021(令和3)年3月には経済産業省の「健康経営優良法人2021ブライト500」の認定を受けており、社員の働く環境には自信があります。
2024(令和6)年からは2つ目の約20年に渡るバイオマスエネルギー燃料の取り扱いが始まります。また、三河港明海埠頭には、まだまだ新たな貨物を取り扱う余裕があり、そこを使用する当社は、現状のみならず将来も伸びていく可能性を十分に秘めた会社と言えます。

こういった今後の事業拡大を見据え、2023年新卒者の方を本格的に採用したいです。求める人材像としては、真摯(し)に自信と向き合い誠実に物事に取り組める方、向上心があり失敗しても何度でも起き上がれる方、地元や地域の発展に貢献したい方、そんな方達と一緒に仕事を進めていきたいですね。