日本トレクス株式会社

トレーラ国内シェア日本一!日本で一番物流を支える車を作る会社

最終更新日:2022/03/01

  • 新卒者募集中
企業名(ふりがな) 日本トレクス株式会社(にっぽんとれくすかぶしきがいしゃ)
業種 メーカー(自動車、輸送用機器)
本社所在地 愛知県 豊川市 伊奈町南山新田350
資本金 20億1,100万円
従業員数 1,106名(2021年3月現在)
募集職種 ◆総合職(技術系)◆総合職(事務系)
HP トレクス公式ホームページはこちら!
  • ISO規格取得済
  • シェアトップクラスを誇る会社
  • ニッチな商品で成功を続ける
  • 特許や独自の技術を持つ
  • 全国を相手にする企業
  • 歴史と伝統のある老舗企業
  • 理工系積極採用企業
  • 体育会系積極採用企業
  • 女性が活躍している会社

最新メッセージ(更新日:2022/03/01)

数ある企業の中から当社ページへお越しくださりありがとうございます。
トレーラ国内シェアNo.1の完成車メーカー「日本トレクス」です!
まずはエントリーをお願いします。

トレクス本社の正面玄関はガラス張りで解放感!

製品のトラックの前で集合写真!

会社プロフィール

街で走っているトレーラの「トレクスマーク」にご注目!

トレーラの国内シェアは約45%で業界NO.1!

当社は、トレーラ、トラックボディ、コンテナといった大型輸送機器を得意としている独立系メーカーです。創業以来、多様な輸送ニーズに応える製品をオーダーメイドで開発することで、高度な技術とノウハウを蓄積し、トレーラ生産ではトップクラスの国内シェアを占めています。

ユーザーは主に輸送業界の企業です。ユーザーの運ぶ荷物、使い方や好み、つまり「ニーズ」に合わせて最も適した車両となるよう、1台ずつ受注生産。「世界に1台だけの」オリジナルな製品も、数多く作っています。大手シャシメーカーの特定系列ではなく、シャシメーカー各社と取引があるため、独自の安定性があります。

愛知から全国のお客様に、荷物を運ぶための車を提供している、いわば「縁の下の力持ち」なポジションの会社なので、社名の知名度は低いですが、きっと「トレクスマーク」はあなたも街中で見たことがあるはず!
無いという人は是非、大型車の後ろのドアの右上か左上を見てみてください!

トラックやトレーラの後ろのドアの右上、もしくは左上にこのマークを見つけたあなたはトレクス通!

粉粒体運搬用タンクセミトレーラです。どの車も1台1台オーダーメイド生産。

事業内容

トレーラ・トラックボディーをはじめとする大型輸送用機器を製造から販売、アフターサービスまでてがけています。

お客様の「こんな車が欲しい」や「こんな荷物をこれだけ運びたい」といった要望に応え、1台1台オーダーメイド生産。私達の普段の生活でいつも”使っている物”、”見ている物”、”触れている物”その全てが荷物として私達の身近な場所(お店など)まで運ばれてきます。そんな荷物を運ぶ、私達の日常生活にかかせない、大きな車を一生懸命作っています!

【主要製品】
トレーラ・トラックボディ・コンテナ・シェルタ等
大型輸送用機器の製造および販売。部品ではなく完成車のメーカーです。
トレーラ業界でNo.1のシェアを持つ、大型輸送機器業界の主要企業です。

【生産方式】
オーダーメイド
ユーザーは主に輸送業界の企業です。ユーザーの運ぶ荷物、使い方や好み、つまり「ニーズ」に合わせて最も適した車両となるよう、1台ずつ受注生産で製作しています。
中には、「世界に1台だけの」オリジナルな製品も、数多く作っています。

大手シャシメーカーの特定系列ではなく、シャシメーカー各社と取引があるため、独自の安定性があります。

日本の物流に欠かせないウィングトレーラです。

会社データ

本社所在地 〒441-0193 愛知県 豊川市 伊奈町南山新田350
電話番号 0533-72-3193
FAX番号 0533-72-5185
創立 1964年8月
設立 1964年8月
資本金 20億1,100万円
代表者 代表取締役社長/中島光彦
売上高 468億円(2021年3月期)
売上高推移 2020年 505億1,600万円
2018年 480億3,600万円
2017年 441億7,500万円
事業所 本社=愛知県豊川市伊奈町南山新田350
営業所:名古屋、東京、大阪 他全国13拠点
グループ会社・関連会社 極東開発工業株式会社(100%出資)
おもな取引先 佐川急便、ヤマト宅急便など、運送会社各社
従業員数 1,106名(2021年3月現在)

参考データ

平均勤続年数 13.2 年
月平均所定外労働時間 21.1 時間 (2020 年度実績)
有給休暇取得日数 11.6 日 (2020 年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数・取得者数

対象者 37 名(うち女性 4 名、男性 33 名)

取得者 6 名(うち女性 2 名、男性 4 名)

(いずれも 2020 年度実績)

役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0 % (2020 年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0 名中、女性 0 名 (2020 年度実績)

その他トピックス

トレクスの魅力その1 【1.自分が手掛けた車両が街を走る!】

トレーラ・トラックボディは乗用車とは違い、輸送業者が運ぶ荷物や使い勝手、さらには好みなど、「ニーズ」に応じた車両を一台一台製造しています。多種多様な車両があり、世界に1台だけの車両を手掛けることもあります。高速道路や主要道路、港などで自分が1台まるごと設計したり、販売した車両が目の前を走ることも実はよくあること。自分が手掛けた車両が社会で活躍している姿をダイレクトに目にすることができるのはトレクスの魅力の1つです。
トレクスの魅力その2 【2.ものづくりに携わっていると実感できる環境】

トレクスの設計はパソコンと向き合いっぱなし…ということはありません。工場と事務所が隣接しているので、自分が書いた図面がどのように製品になっていくのか、工場でその工程を直接見ることができます。自分が書いた一枚の図面から大型輸送車両が完成する、まさにものづくりの醍醐味です。
トレクスの魅力その3 【3.部署、役職を超えたコミュニケーションを大切にする社内風土】

みなさんがイメージする会社の事務所はどのような様子でしょう?部署ごとに壁で仕切られ、入る際にはノックして入室…ドラマだとこのようなイメージが多い(気がします)が、トレクスは事務所内に部署を仕切る壁が一切ありません。役員、さらには社長も一般社員と同じフロアで業務を行ってるので、ちょっとした相談事も気軽に話し合え、部署を超えたコミュニケーションも積極的に行うことができます。

沿革

1963年12月 住友軽金属工業(株)が米国プルマン社トレールモービル事業部とトレーラ、コンテナの製造に関する技術提携
1964年08月 日本トレールモービル(株) 設立
1965年10月 豊橋工場完成。トレーラ、海上コンテナの生産開始
1966年10月 アルミ製ドライコンテナの国産第一号を生産
1970年10月 本社機構を名古屋へ移転
1987年08月 本社機構を豊橋へ移転
1992年04月 音羽事業所操業開始
1996年07月 社名を「日本トレクス(株)」へ変更
2000年03月 ISO9001を取得
2005年11月 ISO14001を取得
2007年04月 極東開発工業(株)が当社発行済株式の全株を住友軽金属工業(株)から取得
2014年04月 タイ王国における生産・販売拠点を設立(2019年譲渡)
2019年02月 「愛知ブランド企業」に認定
2020年03月 売上500億円突破

問い合わせ先

問い合わせ先 〒441-0193
愛知県豊川市伊奈町南山新田350
0533-72-3193
人事課 茶野由衣
URL http://trex.co.jp/
E-mail saiyou_trex@mail.trex.co.jp
交通機関 名鉄本線 伊奈駅より徒歩3分!