イトモル株式会社

私たちは技術と創意を結集して魅力ある製品をつくる樹脂成形のスペシャリストです!

最終更新日:2021/04/23

  • 新卒者募集中
  • 第二新卒者
  • 中途募集中
企業名(ふりがな) イトモル株式会社(いともるかぶしきがいしゃ)
業種 メーカー(自動車、輸送用機器)  メーカー(機械、電気電子)
本社所在地 愛知県豊川市穂ノ原2丁目1-17
資本金 2,000万円
従業員数 312名
募集職種 ■事務系(総合職・一般職) ■技術系(総合職・一般職)
HP イトモルHPはこちら
  • ISO規格取得済
  • 特許や独自の技術を持つ
  • 地元密着企業
  • 業績好調につき事業拡大中
  • 理工系積極採用企業
  • 体育会系積極採用企業
  • 女性が活躍している会社
  • 海外勤務のチャンスあり
  • 転勤無し勤務地限定
  • UIJターン歓迎

太田皓也

入社年月:2017年4月
所属部署:製造1G
主な仕事内容:自動車用樹脂部品を製造する設備(射出成形機)の管理・運用
出身校・学部・学科:愛知大学 地域政策学部

趣味/スポーツ観戦

休日の過ごし方/野球観戦、バッティングセンターに行くなど

モノづくりに魅力を感じ、文系でしたが製造現場で仕事をしています

入社を決めた理由

学生時代、ファイナンシャルプランナーやMOS(マイクロソフトスペシャリストマスター)などの資格を取得しましたが、どんな仕事をしたいかというイメージはありませんでした。4年生の時に、モノづくりか、サービス業かの2択に絞り込み、東三河の合同企業説明会でイトモルのものづくりの説明を受けて興味がわきました。
イトモルの技術と創意工夫が詰まった、手に乗るサイズの製品に大変魅力を感じ、私も造ってみたいと思い、入社しました。
地元東三河の企業であったことと、自動車関連という点も意識しました。

1年目は、射出成形機(自動車用樹脂部品を製造する設備)の操作方法から、製品の出荷や材料の発注など、一連の流れを学び、2年目から、一人でできるようになり、担当成形機を9台持ちました。また、現場の改善に取り組み、品質向上・不良率の低減活動・生産性向上活動をしました。4年目に入り、新しい品番の立ち上げや、後輩の教育、現場での困りごとの改善なども行っています。
これまでで一番うれしかったことは、担当製品の改善提案が評価されたことです。成形条件の変更と金型の改善で、安定生産を可能にしたことに対して、表彰されました。
製造現場は、理系の人が働く場所だと思われがちですが、イトモルは、文系、理系関係なく働ける会社です。
私も文系で、製造現場に配属されましたが、研修期間中に学び、先輩や上司からしっかり教えてもらい、今、仕事に面白さとやりがいを感じています。自分の意見を言うことができ、仕事がしやすい環境でもあります。
今、国家技能検定の射出成系技能検定2級の取得をめざしています。

就活生の皆さんへメッセージ!

今期は、コロナ禍で大変な状況ではありますが、自分のやりたいことをしっかりもって行動することが大切だと思います。
私の場合、100以上の企業の説明会に行き、多くの採用担当者と話しました。学ぶべきことがたくさんありました。
後悔のないよう就職活動、頑張ってください。

神谷洸平

入社年月:2020年4月
所属部署:技術営業G
主な仕事内容:先からの注文を社内や社外へ依頼し、納品する
出身校・学部・学科:愛知大学 地域政策学部

趣味/野球、ゴルフ

休日の過ごし方/仲間たちと野球

提案できる営業を目指しています

入社を決めた理由

東三河を中心に就活しました。理由は、地元が好きということと、転勤のある仕事は自分には合ってないと思ったからです。
イトモルに決めたのは、営業グループの人たちと話した時に、こういう人たちの中で仕事をしたら楽しいだろうなあと思ったからです。仕事はやってみないとわからないので、一緒に仕事をする人たちや会社の雰囲気が自分に合っているかどうかが大切だと思いました。
土日休みというのも良かったです。

イトモルは、小物プラスチック部品(主に自動車部品)に特化しており、金型設計から制作、成形、解析などを自社でできる一貫生産が強みです。
入社後は現場研修で、プラスチック成形や、受注から出荷までの流れなども勉強します。
技術営業Gには9月に配属されました。書類の作成や提出、物の手配から納品まで一人でできることは一人で行っていますが、図面を読むことや電話対応にはまだまだ苦労しています。
営業は、会社の売り上げや利益に直接かかわるため、責任は大きいと思いますが、だからこそ「会社に貢献している」と実感できると思います。
上司に言われていることは、「この部品は自分が取ってきた」と爪痕を残せる営業を目指せということ。
今は、納品や事務作業が主なので、仕事に対して強いやりがいを感じるまでにはなっていませんが、現状で感じるやりがいは、一人ではできなかったことが徐々にできるようになり、自分の成長を実感できることです。
お客様に言われたことだけをやるのではなく、自分から提案できる営業をしていきたいと思っています。

就活生の皆さんへメッセージ!

就職活動は、自分を見つめなおしたり、これまでを思い返す良い機会だと思います。
コロナ禍の就活は大変だと思いますが、あなたを必要としてくれる場所はあると思うので頑張ってください。

高橋雄大

入社年月:2019年4月
所属部署:技術G設計・立上T
主な仕事内容:樹脂成形金型の設計および立ち上げ
出身校・学部・学科:東京工科大学 メディア学部

趣味/釣り、バレーボール

休日の過ごし方/一日寝て過ごすときもあれば、釣りに行くなどアクティブに過ごすときもある

製品が形になって表れた時に大きな達成感があります

入社を決めた理由

大学4年の10月ぐらいまで、情報系の会社への就職を考えて動いていましたが、大学で3Dプリンタ―の授業を受けたとき、データが形になることにおもしろさを感じ、地元でモノづくりに携わりたいと考えなおしました。「製造業なら愛知県だ」と、豊川の実家に戻って改めて就活。イトモルの募集を知り、自動車関係がいいなと思っていたこともあり、入社を決めました。
実家から近いということも、決め手のポイントになりました。

私の所属する技術Gには、設計・立上T、型製造・型保全T、成形技術Tの3つのチームがあり、研修でそれぞれの仕事の流れをつかんだ後、設計・立上Tに配属されました。現在は、先輩や上司にアドバイスをもらいながら様々な製品の立ち上げを行っています。
主な仕事は、お客様から受注した製品を、量産するための金型設計・検討から、高品質な製品が完成するまでの初期流動移管までの管理です。
製品によってはシビアな寸法が求められるものもあり、検討に頭を悩ますことも多々ありますが、実際に製品が形になって表れた時の達成感は非常に大きいです。
私たちが手掛ける製品は、あまり人の目に触れることはありませんが、人々の役に立っていると思うと、自分の仕事に誇りを持てます。
私は、情報学部出身で、ゼロからのスタートでしたが、研修やOJT(企業内教育)のおかげでプラスチック成形に必要な知識を得ることができました。
今はまだ、先輩や上司の力を借りないと対応できないことも多いのですが、自分でもっと深堀していければと思っています。

就活生の皆さんへメッセージ!

私のように専門知識ゼロでも、立ち向かっていける教育と環境がイトモルにはありました。
自分の「やりたい」という強い熱意を伝えれば、そのときに専門知識がなくても、企業はわかってくれると思います。
現在、世の中は大変な状況ですが、それに負けず頑張ってください。

山本高広

入社年月:2002年
所属部署:設備・システムG(設備設計)
主な仕事内容:樹脂製品を作る自社工場内の生産設備設計・開発、及び冶具開発や既存設備の改良など
出身校・学部・学科:京都府立宮津高等学校 電気科

趣味/硬式テニス、カメラを多数。特に、テニスサークルは管理人として運営しており、週3回活動しています。仕事終わりに同僚とすることもあり、仕事終わりの時間を趣味の時間に充てることも楽しみの一つです。

メーカーで設備づくりを楽しみませんか?

入社を決めた理由

前職はロボットメーカーのエンジニアとしてさまざまな工場を回っていました。
最先端の設備に携われる環境だったので、自分にピッタリな職場でしたが、上を目指すためには転勤が避けて通れない道でした。
「地元で長く働ける会社」を探していた時に出会ったのがイトモルでした。
イトモルは全ての工場が豊川市内にあり、転居を伴う転勤が無いため定年まで安心して働けることも入社の決め手となりました。




イトモルの良いところは、とにかく「任せてもらえる」ことです。
新規製品立ち上げの生産設備や、生産設備の改善・改良など、社内の設備に関するすべてに携われる環境があります。
ありがたいことに、社長や部長をはじめ、他部署からも頼りにされるので責任感も大きくなりましたが、何より仕事が本当に楽しくなりました!

かなり特殊な形状をした樹脂部品も多く、新規設備の開発には頭を悩ませることも多いのですが、
自分が設計した設備が無事に動いたときはうれしいですね。



就活生の皆さんへメッセージ!

イトモルの製品の中には最先端の自動車製造に欠かせない部品も多数あります。
日本の自動車産業を支える、とてもやりがいのある仕事です。
140億の売り上げを生み出す生産設備を一緒につくっていきませんか?


岡村いずみ

入社年月:2018年4月
所属部署:技術G(成形技術)
主な仕事内容:樹脂製品の成形、金型メンテナンス
出身校・学部・学科:愛知大学 地域政策学部 地域政策学科

趣味/よさこい踊り、ダーツ、バドミントン

技術面での学びが多く日々刺激を得られる会社

入社を決めた理由

地元就職したいという思いがあり、東三河で就職活動をしていました。
多くの企業の説明会に参加するなかで当社に出会いました。
入社の1番の決め手になったことは、説明会や面接のときの社員の方々の雰囲気がとても良かったことです。
堅苦しい雰囲気が全くなく皆さんフレンドリーに接してくれたことを今でも覚えています。
また、文系・理系問わずやる気があれば誰でも技術的な仕事が出来るところも魅力的だと感じました。



入社後2週間は、新入社員全員でマナー講習・各部署の業務内容の説明などのオリエンテーションを行いました。その後、それぞれ各部署に配属され業務がスタートしました。

私は、技術Gという部署に配属されました。
会社の命ともいえる製品を、高品質で成形するために最適な条件を検討していくとても重要な部署です。
成形機の操作、成形に必要な条件の意味を1から覚えるところから始まりました。
何故この不具合が発生するのか、品質を向上させるためにどう改善していくべきなのか、初めは分からないことばかりでとても不安でした。
しかし、経験を積むことで少しずつ理解できるようになり、不具合を自分の力で解決したときには大きな成長を感じることが出来ます。
知識・技術が多く求められますが、その分得たことが全て自分の糧になるためとてもやりがいがあります。
  
当社は、20、30代の社員も多く上司に気軽に相談できる雰囲気があります。
社員同士の距離も近いため仕事はしやすい環境だと思います。
新人でも多くの仕事を与えてもらえるので思いっきり働きたい、知識・技術を磨いていきたいと思っている人にはピッタリだと思います。
もちろん悩んでいるときは周りの人がフォローしてくれます。


就活生の皆さんへメッセージ!

きっと皆さんは今「自分はどんな人間なのだろう」「自分は将来何になりたいのだろう」と考え悩んでいる頃だと思います。
答えが見つからなくて不安な人もいるかもしれません。
しかし今皆さんは、様々な可能性の入り口に立っているところです。
ぜひ広い視野を持って多くの企業を訪れてみてください。
そして素直に自分のことを話してみればきっと自分に合う企業に出会うことができると思います。