防衛省・自衛隊・愛知地方協力本部 豊川地域事務所

自衛隊員は、数ある仕事の中でも「平和を仕事にする」を胸に、誇りをもって社会に貢献できます。

最終更新日:2020/10/25

  • 新卒者募集中
  • 第二新卒者
  • 中途募集中
企業名(ふりがな) 防衛省・自衛隊・愛知地方協力本部 豊川地域事務所(ぼうえいしょう じえいたい あいちちほうきょうりょくほんぶ とよかわちいきじむしょ)
業種 特殊法人・財団法人・その他団体
本社所在地 愛知県豊川市穂ノ原1-1
資本金
自衛官 約23万名(2020年2月現在)
募集職種 ◆幹部候補生(一般、歯科・薬剤科)◆一般曹候補生◆自衛官候補生◆防衛大学校学生◆防衛医科大学校医学科学生◆防衛医科大学校看護学科学生◆航空学生◆予備自衛官補(一般、技能)
HP 自衛隊 愛知地方協力本部 | 自衛隊 愛知地方協力本部 豊川地域事務所
  • 全国を相手にする企業
  • 業績好調につき事業拡大中
  • 歴史と伝統のある老舗企業
  • 体育会系積極採用企業
  • 若手の管理職登用実績あり
  • 女性が活躍している会社
  • 実力主義の会社
  • 海外勤務のチャンスあり
  • 外国語が活かせる会社

伊藤詢也(2等陸士)

入社年月:2020年3月26日
所属部署:109教育大隊315教育中隊
主な仕事内容:自衛官共通課目の修得

趣味/アウトドア、映画鑑賞

「自分を信じて突き進んでください!」

入社を決めた理由

入隊を決めた一番の理由は幼い頃からの夢だったからです。

実家から駐屯地が近く、普段から自衛官の活躍している姿を拝見しており、自分もいつか人の役に立てるようにという強い憧れがありました。また、入隊意思を両親に相談した際に、両親は共に賛成してくださり、早速、担当広報官の助言をもとに一般陸曹候補生のキャリアコースで受験しました。


入隊後は体力面等で不安な気持ちもありましたが、担当広報官、助手、班長、区隊長及び中隊長より良きアドバイスをいただき今では不安なく勤務できることに感謝しております。


就活生の皆さんへメッセージ!

このメッセージを読んでいただいている方々の多くは少なからず自衛隊への興味があるものと思いますし、志願理由もさまざまでしょう。そんな皆様へのアドバイスは、今の気持ちを忘れないで下さいということです。
職業として自衛隊を選択したその決意と勇気は、入隊後の自分自身の成長に大きな影響を与えてくれます。

就職という人生の岐路に立った今、不安も多くあることと思いが、人生にはまだまだいろんな岐路が待っています。その際、どちらが正しいかなんてことはありません。大切なのは自分で選んだその道を自分自身が正しい道へ導く努力をすることです。

どうか、自分を信じて突き進んでください。いつか何処かの駐屯地でお会いできる日をお待ちしております!

加藤滉平(2等陸士)

入社年月:2020年3月26日
所属部署:109教育大隊315教育中隊
主な仕事内容:自衛官共通課目の取得

趣味/釣り、総合格闘技

「思いきって挑戦してみてください!」

入社を決めた理由

私は、中学生の時、東日本大震災の被害に遭いました。周りがパニックに陥っている状況の中を必死に被災者の捜索をしている自衛官の姿を見て憧れていました。

高校卒業後、一度は一般企業に就職したものの、当時集中豪雨などの災害が頻繁に起きていたこともあり、改めて被災者の救助にあたる自衛官の姿を見て、中学の時に抱いた気持ちを思い出し、自分も人の役に立てる仕事をしたいと思うようになりました。

当時、体力も筋力も全く無かったことが不安で何度も何度も広報官の方と話をさせていただき、話をしていくうちに自衛官への思いが固まり入隊を決意しました。


私は、22歳の時に採用試験を受け、入隊したときは23歳でした。3・4月入隊は高校を卒業した18歳の子が特に多いと聞いていましたので、初めは馴染めるか不安でした。また、体力面もついて行けるかも不安でした。ですが、同期の仲間と共に一致団結して訓練に励めば何も怖いことなどありません。


就活生の皆さんへメッセージ!

「自分はもう年だから」、「太っているから」、「体力がないから」と諦めている方もいると思います。
でも大丈夫です。同期の仲間と乗り越えられます。行動する前から自分で壁を作らず思い切って挑戦してみてください。

皆さんの入隊を心からお待ちしております!

ムチービ・アントニオ

入社年月:2020年3月
所属部署:陸上・第10高射大隊(捜索手)
主な仕事内容:自衛官共通課目の修得
出身校・学部・学科:黄柳野高校

趣味/シュートボクシング部に所属しています!

「自衛隊でしか経験できないことがたくさんあります!」

入社を決めた理由

入隊の決め手は「自衛隊でしかできないこと」に興味を持ったことです。自衛隊について知るきっかけになったのは黄柳野高校の1年先輩が入隊したのを機に、興味をもって調べてみると実弾射撃、演習場などに入って訓練したりする等、一般の会社などでは体験できない事をやってみたいと思い入隊しました。


入隊して最初の約半年間は、自衛官に必要な基礎知識を懇切丁寧に教わる教育期間なのですが、自分はその期間とても楽しむことが出来ました。年の近い同期の隊員達と、毎日同じ場所で生活し、毎日一緒に訓練に励むという生活は黄柳野高校での生活に少し似ていて、楽しかったです。

現在は、自衛官としての仕事のおもしろさや生活にメリハリがあり、やりがいを感じています。まだまだ、できない事だらけですが、入隊2年目として入隊した頃の自分と比べ成長を感じる反面、まだまだ挑戦しなければならないことが山ほどあるので、これからも精進していきたいと思います。


就活生の皆さんへメッセージ!

自衛隊には、自衛隊でしか経験できないことがたくさんあります。また、衣・食・住が保証されていたり、社会的地位が安定している等、職業としてもかなり良い環境だと思います。将来について考える際、迷っているならぜひ自衛隊への入隊を勧めます。