中央製乳株式会社

地産地消の安全な乳製品を県内全域へ。学校給食エリアがさらに拡大 子ども達の未来を育てる総合乳製品メーカーです。

最終更新日:2018/10/31

業種 メーカー(食品、農林、水産)
本社所在地 愛知県豊橋市植田町字八尻12番地
資本金 1億3,300万円
従業員数 143人
HP 中央製乳のホームページはこちら
  • ISO規格取得済
  • 3年連続成長企業
  • 地元密着企業
  • 歴史と伝統のある老舗企業
  • 転勤無し勤務地限定

中央製乳本社工場

中央製乳の商品ラインナップ

会社プロフィール

学校給食用の牛乳は県内シェアの約5割を占める

年間を通じて温暖な気候と新鮮な空気に恵まれた風土を持つ渥美半島。静岡県の志田煉乳株式会社と兵庫県淡路島の淡路煉乳の一部の者同士がこの地の酪農地としてのポテンシャルを見出し、1937(昭和12)年に創業。以来、地産地消をモットーに地域の酪農振興の旗振り役を果たしながら、総合乳製品メーカーとして発展し続けています。
新鮮な生乳をベースとした、牛乳をはじめ、バター、粉乳等の乳製品、ヨーグルト、アイスクリーム、プリン、ゼリーなど、多種多様な食品を製造販売しています。
また学校給食用の牛乳供給は、小学校が1957(昭和32)年、中学校は1963(昭和38)年から実施。その後、2013(平成25)年には農林水産省の補助事業である乳業再編地区推進事業に申請し、採用されたことから最新鋭の工場を2015(平成27)年に新設しました。豊橋、田原市エリアに限られていた供給エリアが西三河や尾張地区にも拡大し、現在では、県内の学校給食の約5割を担うまでになりました。

創立80周年祝賀会の1コマ

牛乳のビンライン

事業内容

牛乳・発酵乳・アイスクリーム・プリン・ゼリー・バター・粉乳等乳製品・清涼飲料等の製造販売
昭和12年創業ですので、昨年80周年を迎えました。
学校給食は、豊橋市・田原市・豊川市・蒲郡市・岡崎市・幸田町・豊田市・みよし市・碧南市・高浜市・西尾市・刈谷市・安城市・知立市・東海市・半田市・武豊町・美浜町・南知多町・東浦町・阿久比町・名古屋市(緑区・天白区)・豊明市・東郷町のエリアを担当しています。
東海地区で唯一の粉乳設備を持っていますので、総合メーカーとしての強みを生かし、常に安定した企業経営を続けています。

強い使命感で食の安全を守ります。

会社データ

本社所在地 〒441-8134 愛知県豊橋市植田町字八尻12番地
電話番号 0532-25-1109
FAX番号 0532-25-0096
設立 1937(昭和12)年10月18日
資本金 1億3,300万円
代表者 代表取締役/川澄宏匡
売上高 78億4,100万円 (2016年12月期)
売上高推移 58億8,770万円(2013年)
74億5,700万円(2014年)
77億4,000万円(2015年)
78億4,100万円(2016年)
事業所 本社工場:豊橋市植田町字八尻12番地
清涼飲料工場:豊橋市植田町字新津田29番地3
おもな取引先 愛知県学校給食牛乳協会、東海コープ事業連合、エルビー株式会社
許認可類 ISO9001:2015
HACCP(総合衛生管理製造過程)承認
従業員数 143人

参考データ

平均年齢 40.1歳

沿革

1937(昭和12)年 会社設立
1957(昭和32)年 小学校給食用牛乳供給開始
1963(昭和38)年 中学校給食用牛乳供給開始
2009(平成21)年 ISO9001認証取得
2011(平成23)年 HACCP(総合衛生管理製造過程)承認
2013(平成25)年 乳業再編地区推進事業に申請し採択される
2015(平成27)年 新市乳工場完成。製造開始

問い合わせ先

問い合わせ先 豊橋市植田町字八尻12番地
TEL(0532)25-1109
担当:総務部 次長 杢野 善朗
E-mail y_mokuno@chuomilk.co.jp
交通機関 豊橋鉄道 渥美線 植田駅より徒歩15分