中央製乳株式会社

地産地消の安全な乳製品を県内全域へ。 学校給食エリアがさらに拡大 子ども達の未来を育てる総合乳製品メーカーです。

最終更新日:2018/04/17

  • 新卒者募集中
  • 第二新卒者
業種 メーカー(食品、農林、水産)
本社所在地 愛知県豊橋市植田町字八尻12番地
資本金 133,000,000円
従業員数 143人
募集職種 総合職(品質管理、生産管理、営業、総務)
HP
  • ISO規格取得済
  • 3年連続成長企業
  • 地元密着企業
  • 歴史と伝統のある老舗企業
  • 転勤無し勤務地限定

代表取締役社長川澄宏匡

地産地消の安全な乳製品を県内全域へ  新たな分野にもチャレンジしています

北海道を除けば全国6位の生乳生産量を誇る愛知県。その中でも豊橋・田原地方は、全国有数の酪農地帯で、県下の総生産量の4割を占めます。中央製乳は、昭和12年の創業以来、この地に根ざし、地元の酪農家と連携を深め、総合乳製品メーカーとして発展してまいりました。現在は東西の三河地方の学校給食だけでなく、名古屋を中心とした尾張地方へも牛乳を提供。「地産地消」をモットーに、安心安全な牛乳を子ども達のもとへ届けています。また、ヨーグルトやアイスクリームなど、近年需要が伸びている冷菓・発酵乳部門も強化しています。若手社員のアイデアも積極的に取り入れ、新たな商品を世に送り出しています。
これからも創業の精神である「一円融合」を大切に守り、地元の酪農家様とお客様に感謝の気持ちを忘れず、社員、そしてその家族が幸せであることを第一に考えてまいります。