トヨタネ株式会社(旧 トヨハシ種苗株式会社)

半世紀にわたって野菜や花卉、果樹などの種苗や関連資材を幅広く扱う専門商社のトヨタネです!

最終更新日:2018/03/03

  • 新卒者募集中
業種 専門商社
本社所在地 愛知県豊橋市向草間町字北新切12-1
資本金 3億円
従業員数 230名(役員・派遣社員を含まず)
募集職種 ◎総合職 ◎一般職
HP 自社サイトはこちら
  • 地元密着企業

代表取締役社長川西裕康

やる気のある人には、どんどんチャンスを!活躍できる場を提供!

1968年創業。半世紀にわたって、野菜や花卉、果樹などの種苗や関連資材を幅広く扱う、園芸専門商社として事業を展開しています。本社のある豊橋市をはじめ、国内でも特に農業が盛んな東海エリアを中心とした地域密着型企業で、多くの地元農家の方々とともに、農業の現況についてはもちろん、今後の日本農業の発展のために何ができるかを常に考えながら、新しいことに次々とチャレンジしています。

2018年に創業50周年を迎え、事業拡大のスピードを加速させています。2016年11月には、岐阜県初の拠点となる岐阜営業所を開設。2018年5月には、現在の安城営業所を拡大、移設し、営業拠点の拡充を図ります。一方、2018年夏には、静岡県磐田市に1.7haという大規模な第二ナーセリーを新設。昨今の苗の需要拡大を受けて、苗の生産拠点と位置づけています。

現在当社の主力商品となっているのが、ITと通信を融合させた「統合環境制御システム『プロファーム』」です。温度、湿度、CO2濃度、さらに日射量などの変動要因をITで管理し、作物の育成に最適な環境を作り出す制御装置で、トマトをはじめ、キュウリ、なす、バラ、菊などの園芸農産物全般を扱う農家に向けて、2015年より提案・販売しています。2017年6月には、中長期戦略における関東の拠点とするべく、宇都宮にある農業資材メーカーを買収。栃木、群馬、茨城といった関東の一大園芸地帯への進出の足がかりとなりました。将来的には、全国展開を見据えた『プロファーム』の関東における販売拠点となる予定です。これに伴い、大手メーカー2社と共同し、このプロファームを使用するための最適なハウスを開発。2019年より販売開始を予定しています。

こうした積極的な事業拡大を支えているのは、専門性の高い商品の開発や販売を担う社員です。高度な知識と技術を身につけるために、会社としての研修プログラムにも注力していますが、何より現場で学び、身に付けた力こそが本物だと思っています。そのために、新しい業務の枠組みを次々と作り出すのが私の役目で、新しいことにチャレンジしたいと思っている方に、どんどんやってもらうことこそが最強の人材育成だと考えています。まだまだ攻めの姿勢で進んでいきます。本気で日本の強い農業を世界に発信したい!という思いを持っている方との出会いを楽しみにしています