栄土地測量設計株式会社

測量設計、登記、許認可申請までワンストップサービスを実現!まちの基盤づくりで地元に貢献

最終更新日:2018/03/02

  • 新卒者募集中
業種 その他サービス
本社所在地 愛知県豊橋市八町通四丁目49
資本金 1,000万円(2017年6月実績)
従業員数 28名(2018年2月実績)
募集職種 技術職(測量業務・設計業務) 専門職(土地家屋調査士業務・行政書士業務)
HP 栄土地測量のHPはこちら
  • 3年連続成長企業
  • 地元密着企業
  • 理工系積極採用企業
  • 若手の管理職登用実績あり
  • 転勤無し勤務地限定

尾崎敬介

入社年月:2007年4月
所属部署:測量部
主な仕事内容:測量
出身校・学部・学科:東海工業専門学校・測量科

趣味/ゴルフ

休日の過ごし方/子どもと遊ぶ

まちづくりに貢献。やりがいと達成感の多い仕事です。

入社を決めた理由

当社を知ったのは、測量をしていた親からの紹介がきっかけでした。会社訪問をした際に社員の皆さんがやさしく声をかけたりしてくれてあたたかい雰囲気の会社だなと感じたことが入社の決めてになりました。

現在の仕事はおもに、公共機関などから発注を受けた用地測量業務です。道路ひとつ作るにも、測量をしないことには何も進みません。公共事業を施行する際には、事業計画に必要となる用地を取得する必要がありますが、用地測量とは、必要となる用地について、工事着工前に測量調査を行うものです。発注者と打ち合わせをして全体の業務の流れを把握し、測量をする際の基本となる座標を設ける基準点を測量し、それぞれの土地の境界を測量し、資料や実際の土地を照らし合わせて確認する画地調整、境界線の仮杭設置。そこから地権者を集めての境界確認後、境界設置および境界点を測量。用地測量完了後、図面などをまとめる成果品作成までが、ざっと一連の業務です。

測量後の工期などスケジュールも決まっているので、用地測量における境界確認を滞りなくすませるかどうかが、今後の業務行程にも大きく影響します。そもそも工事自体を反対している地権者がいることもあり、なかなかうまくいかないことも。そんな中、現在携わっている用地測量では、60人もの地権者をまとめスムーズに境界確認ができ、大きな達成感がありました。これまでの最多人数だったのでうれしかったです。

学生時代測量を学びましたが経験に勝るものはなしと実感していますが、今後はさらに大規模な用地測量に携わっていきたいです。

測量設計業務のみならず、法務合同事務所でもありますので、幅広い知識とノウハウでお客様に提案と対応ができる会社です。繁忙期などは部署を越えて手伝ったりすることもあります。若い人も多く社内の雰囲気は明るいしみんな仲がいいと思います。また、なんでもチャレンジさせてもらえる社風だと感じています。

就活生の皆さんへメッセージ!

自分に合う会社にめぐりあえるよう、納得いくまで会社を探してほしいなと思います。

野口芽生

入社年月:2016年4月
所属部署:設計部
主な仕事内容:簡単な図面や表の作成。成果品のまとめなど
出身校・学部・学科:愛知県立豊橋商業高等学校

趣味/夏はウェイクボードやジェットスキー、冬はスノーボード

休日の過ごし方/友人と食事や買い物など

デスクワークだけではなくさまざまな業務に携われます!

入社を決めた理由

高校を入学した時から、働くなら事務職がいいと思っていました。でも、ずっとデスクワークで単調な仕事というのも嫌でした。そんな中、栄土地は学校の求人票に事務職だけでなく「登記に関する業務」と書いてあったことや、地域に貢献した会社で休みや給料も安定しているという点もポイントになりました。

入社当初から設計部に所属しています。測量に関してまったく右も左もわからない状態で、入社直後は今、自分がどの行程の部分に携わっているのかも分からない状態。一度ですむことを2度、3度法務局に出向くはめになり無駄に時間を費やすことも多かったですが、次第に慣れてきて全体の業務の流れを把握することができるようになりました。

現在は、平面図、展開図、測量図といった図面作成から、申請書の作成、現地調査として写真を撮影しに行ったりとさまざまなことをやっています。用地の地目を調べるために法務局に出向いたり、測量が完了すると、その情報をデータ共有して保存するためのGIS登録なども行っています。また、みんなで使う資料を整理してファイリングしたり、社内備品の補充などもしています。

境界線の立ち会いをすることもありますが、風雨が激しい日に立ち会った時、地権者の方から「ごくろうさま」と声をかけてもらったことが印象に残っています。立ち会い時には明るく笑顔でなるべく自分からコミュニケーションを図るよう心がけています。いずれは測量士などの資格取得に挑戦したいです。

社員のことを第一に考えてくれる会社だと実感しています。入社1年目の時は、毎月、社長と面談があったり、日ごろから声をかけてくれたりして、気にかけてくれていると感じました。集中力がある。人とコミュニケーションをとることが好き。責任感がありリーダーシップを発揮できる人、きちんとあいさつができて元気な人は当社に合っていると思います。

就活生の皆さんへメッセージ!

自分が興味を持って長く続けられるような仕事につくことが一番です。就活時、初対面の人には笑顔で元気よくあいさつすると好印象を残すことができると思います。がんばってください。

石原正敏

入社年月:1997年4月
所属部署:設計部
主な仕事内容:道路設計

出身校・学部・学科:福山大学・工学部・土木工学科

趣味/釣り

休日の過ごし方/釣り

文理問わず未経験者大歓迎!一緒にまちをつくっていきましょう!

入社を決めた理由

地元で就職を希望していました。大学卒業後、ずっと当社で働き、もう勤続20年になりました。

現在、設計部に所属し、おもに官公庁から発注を受けた道路設計業務を担当しています。高度成長期ではないので、今はバイパスを作るなど大規模な工事はあまり多くありませんが、老朽化した幹線道路を拡張するなどの維持管理、活用するような道路設計が多いです。
 
道路設計業務は最低でも2〜3カ月の期間を要します。そのため、グループウェアを活用し、部署内各スタッフのスケジュールを2週間後まで把握。人出が足らない時にはほかの班と調整をしています。

約 10年前、初めて大きな道路設計業務を任された時のことは今でも忘れません。新しく道路が完成し、近隣の方からも「きれいになったね」と喜んでくれたことが印象に残っています。道路が完成した時の達成感と喜びがあるのがこの仕事のやりがいだと感じています。

これまでに苦労した設計も多々ありました。現場は高低差のある土地で食品工場が隣接している場所。高低差を埋めるためにコンクリートの矢板を地中に差さないといけなかったのですが、隣の食品工場の醸造にも影響するということで、ささいな振動も許されませんでした、当時は日本に1台しかないような機械を保有する業者を見つけだし、当時珍しい施工をするなど、とても苦労したことを今でも覚えています。

設計のみならずマルチな人間を募集中。測量とか設計ときくと、理系しか対象ではないかと思われますが、当社では文理問わず募集しています。実際文系出身者も多く、今では資格取得者として第一線で活躍しています。未経験、新卒でもやる気があれば仕事を任せる社風なので成長できます。資格取得に対しても全面的にバックアップしています。

3年前に創立 60周年を迎えた歴史ある会社です。また、地域から信頼を得ていると実感できる会社です。ぜひ元気な人と一緒に仕事がしたいですね!

就活生の皆さんへメッセージ!

新しい道路を作り、古い道路を維持・管理する。自分が携わった仕事でまわりの人の生活が快適になるなど、地域社会に良い影響を与えることになります。このようなやりがいのある仕事を一緒に取り組んでいきましょう!