株式会社エデックリンセイシステム

画像処理、自動制御をコア技術とするファクトリーオートメーションシステムの先進企業です

最終更新日:2018/08/27

  • 募集終了
業種 メーカー(機械、電気電子)
本社所在地 愛知県豊橋市西幸町字浜池331番地9
資本金 4,000万円
従業員数 123人(2018年2月現在)
募集職種 【技術職】
HP 当社のHPはこちら
  • ISO規格取得済
  • 無借金経営の会社
  • 地元密着企業
  • 理工系積極採用企業
  • 転勤無し勤務地限定

加藤貴士

入社年月:2016年4月
所属部署:技術部・第3設計課
主な仕事内容:ソフト設計
出身校・学部・学科:愛知工業大学・工学部・電気学科(電子情報工学専攻)

趣味/ゲーム(25周年パーティでスイッチが当たって今、ハマっています)。

休日の過ごし方/25周年パーティでスイッチが当たって今、ハマっています。

技術を身につけるにはとてもいい環境が整っています!

入社を決めた理由

大学の企業案内サイトで地元周辺の会社を探していた際、エデックリンセイシステムを見つけました。住所を見たら自分が中学に行くとき通っていた通学路にある会社だと知ったのが第一印象。それで親近感をおぼえたということもありましたが、説明会等に参加して、社員の皆さんの人あたりの良さや風通しのいい雰囲気に好印象を持ったのが入社を決めた大きな理由です。

入社後、12月まで親会社の富士機械製造で研修を受け1月から3月まで生産現場に入りました。2年目から技術部・第3設計課に配属になりました。第3設計部は制御盤とプリント基板の設計などを行う部署です。制御盤に関しては、おもに先輩たちのサポート役として、回路図を描いたり、部品の構成リストなどを、仕様に合わせて変更しながら現場に配布したりしています。プリント基板に関しては親会社からの受注が多く、仕様が決まっていたり、仕様の打ち合わせは上司が行っているので、回路図を描いて製品になるまでの工程管理をすべて任され、納品するまでを自分でみています。

以前、「いい勉強になるから」と、制御盤の設計を任されたことがありましたが、なかなかうまくいきませんでした。制御盤は、お客様に合わせて納品するので、回路図ひとつとってもお客様に合わせた書き方をしないといけません。記号の書き方も各社それぞれ。しかもCADの使い方もよくわからず、勉強不足を痛感しました。それをきっかけに、CAD講習にも出させてもらい勉強しました。社内にはCADの初心者向けの資料がなかったので、社内資料として後輩に活用してもらうようマニュアルを手に入れたりもしました。

1人で任せてもらえるのを1とするならば今はまだ半分も到達しておらず、日々技術不足を実感しています。回路図はひと通り読めるようになりましたが、図面だけでは読み取れないような不具合を見つけるなど、読解力を高められるよう今後さらに経験を積んでいきたいと思います。

社内は風通しが良くイベントも多いので、部署を越えて多くの人と話す機会があります。また、やりたいという意欲があればやらせてもらえる社風があり自由に任せてももらえます。分からないことは気軽に聞ける雰囲気もあり、みんな気にかけてくれるので助かります。技術を身につけるにはとてもいい環境です。

就活生の皆さんへメッセージ!

早く自分の後輩が欲しいので、電気系の学生の皆さん、ぜひ当社に来てください!

神成真志

入社年月:2016年4月
所属部署:技術部・第2設計課
主な仕事内容:画像処理やソフトの画面の設計
出身校・学部・学科:中部大学・工学部・情報工学科

趣味/スノーボード

休日の過ごし方/冬はスノボに出かけたりもしますが、基本インドアです。

画像処理に特化した会社、豊橋にあります!

入社を決めた理由

画像処理関係の研究をしていました。地元で就職を考えた時、情報系の会社も候補にあがりましたが、豊橋でも画像処理に特化したエデックリンセイシステムのことを知り興味を持ったのがきっかけです。

入社後、親会社での研修を経て、現在は技術部・第2設計課の中のソフトグループに所属し、画像処理やソフトの画面の設計などに携わっています。コーディング作業の検証などがおもな仕事です。いろいろな部署に応援に行くこともあります今は新製品のサンプルソフトの作成に取り組んでいます。

経験が浅いころ、ソースのコーディングにすごく時間がかかってしまったこともありましたが、上司に「のみこみが早い」と言われた時はうれしかったです。やはり大学で画像処理の知識のベースがあったからだと思います。

ものを作ったり、解決法を考えることがもともと好きなので、仕事している時はすごく集中できます。ちゃんと動作した時など、日々達成感があります。これからまた、ロボットハンドを使った新たな案件に取り組むので、まずはそれをがんばっていきたいです。そしていずれは設計者としてゼロから設計を考えられるようになりたいです。

第2設計課は社内で一番大きい部署で40人ぐらいいます。社内の雰囲気は、年齢に関係なく、新人でも分け隔てなく皆さん話してくれるので、仕事中でも話しやすく、分からないことも気軽に聞くことができます。分からないことをそのままにしていたり、自分1人で判断してしまうと仕事に支障が出てしまうので、コミュニケーションの取りやすい環境であることはとても重要だと実感しています。

就活生の皆さんへメッセージ!

いきなり業種をしぼるのではなく、いろいろな会社を幅広くみた上で会社を決めることをおすすめします。そうすると知見も広がると思います。当社は画像関係に強い会社なので、画像処理に興味がある方や、設計がしたいという方にはぴったり。ぜひ来ていただけると助かります(笑)。

中井優仁

入社年月:2014年4月
所属部署:技術部・第4設計課
主な仕事内容:工作機械の設計(プログラム)など
出身校・学部・学科:中京大学・情報理工学部・情報システム工学科

技術のレベルが高い社内で日々、勉強中!

材料の調達から生産まで、一通り自社で行っているところに魅力を感じ入社を決めました。大学で専攻したプログラミングの技術を生かしたいという思いもありました。

入社して12月までは親会社の富士機械製造にグループ研修を行いました。工場で生産に携わったり、設計のプロセスから検証まで、1から10まで基礎的なことを学びました。電話のとり方、対応の仕方など社会人として必要なことも学べ、いろいろな面で勉強になりました。そして、翌1月から3月まで自社の工場の現場で生産に入った後、2年目4月から設計に配属になっています。

現在は工作機械のプログラムを行っています。パソコンでプログラムして、そのプログラムが大丈夫かどうか、実際の工場に出向いて動作確認などを行います。クライアントからの仕様に合わせて、仕様通りにプログラムを書くのですが、1日座っていたりする日もあります。

初めて自分ひとりで任された案件は、鉄を削ったりする工作機械のプログラムでした。先輩方に教えてもらいながら、仕様通りにプログラムをして、実際に工場で稼働しているのを見られた時はとてもうれしく達成感がありました。

第4設計課は10人ほどいますが、部署の雰囲気は上下関係がそれほど厳しくなく、コミュニケーションがとりやすい環境だと思います。わからないことがあればすぐききにいけるし、上司も、「わからないことある?」と常に気にかけてくれています。

入社4年目で感じるのは、技術部はみんな技術が高いということ。大学で習ったこととは比べものにならないほど、入社してからおぼえたことの方が多く、ヘトヘトですが、毎日とても勉強になっています。

うちの会社に向いているタイプは、わからないことは自分から聞きに来てくれる人。自分自身もそうでしたが、一時期、先輩方がみんな忙しそうで聞きに行けなかったことがありましたが、それは一番もったいないし、自分で抱えてしまって時間がかかってしまったことは会社にとってもよくないと実感しました。当面の目標は、1日でも早く、自分一人だけで設計できるようにレベルアップしていきたいです。また、会社としても自社製品の開発に力を入れているので、ゆくゆくは自社製品のグループの一員になって新しい製品づくりに携わりたいですね。

就活生の皆さんへメッセージ!

当社は自社開発製品を扱っているので、チャレンジ精神が抱負な人ほどおすすめだと思います。いろんな分野を見て、本当にこの会社でいいのかと見極めた上で就活を頑張ってほしいと思います。

林 雅人

入社年月:2008年4月
所属部署:技術部第3設計課
主な仕事内容:制御盤・基板設計
出身校・学部・学科:知工業大学・工学部・電気学科・電子工学専攻

自ら提案した製品で会社の業績に貢献したい!

入社を決めた理由

電気機器の設計の仕事に就きたいと考えていました。なかでも当社は、基板関係をやっていたので興味を持ちました。

入社半年間は、白鳥工場の製造現場で研修を受けました。電気機器の組み立てや、配線、筐体鈑金の製造過程など、周りの方に親切に指導してもらいました。研修後は、第3設計課へ。CADを使って、制御盤や基板の設計をしています。制御盤設計の場合は、お客さまから仕様をもらい、回路設計、部品選定、部品配置、ハーネス設計、鈑金設計、銘板設計を行い、効率良く制御盤の生産ができるように設計をしています。

これまでの失敗談としては、部品選定の際、漏電ブレーカーの型式を1文字間違えてしまい、異なるブレーカーを手配し取り付けてしまったこと。型式が違ってもはまってしまうだけに、細心の注意を払って選定しないといけないと学びました。

仕事に感じるやりがいは、自分が設計した制御盤が出来上がり、お客さまが喜んで使ってもらえることです。数年前、制御盤の設計で鈑金の形状を決めるのに苦労し、なかなかうまくいかなかった時、先輩のアドバイスをもらいながら何とかやり遂げた経験は、大きな達成感と自信につながりました。これからもっと、画像処理やサーボモータなど、より良い製品が産業機械に組み込まれるようなればと思っています。自ら提案した製品がたくさん売れて、会社の業績に貢献できることが目標です。

みんな黙々と仕事をしていますが、周りと気軽にコミュニケーションが取りやすい環境です。今は、後輩から質問を受ける立場でもあるので、聞かれたらなるべく分かりやすくきちんと答えるよう心がけています。

就活生の皆さんへメッセージ!

画像処理、モータ制御、シーケンス制御など、機械を動かすことが好きな人が当社に合っていると思います。就職して右も左も分からないことがあるかもしれませんが、積極的に周りとコミュニケーションを図って、能力を向上させていきましょう。

白井さや香

入社年月:2009年4月
所属部署:営業部営業技術課
主な仕事内容:企画業務
出身校・学部・学科:愛知大学・コミュニケーション学部

実際に仕事をする上で必要な技術の多さに驚き

入社を決めた理由

入社を決めた理由は、画像処理という多岐にわたって生かせる技術を持っていることと、企画から生産まで自社一貫で手がけていることに強みを感じたからです。文系でしたが、自分で設計できることにやりがいを感じられるのではないか、技術の習得を通じて自分も成長していけるのではないかと思い、技術部を希望しました。

入社後は新入社員研修として、社会人のマナーなどを学んだ後、C言語の勉強を経て、ソフトの検査、そして実践のプログラムの仕事をしました。文系から技術へは、まったく畑違いの職種だったので、最初は飛び交う言葉も宇宙語のようにまるで分からず戸惑いました。ようやく慣れたと思ったのは、1年たったころぐらいでしょうか。4年間、技術部で画像処理プログラムの開発に携わった後、2013年から営業部へ。営業技術として、新製品企画、営業サポート、展示会出展等に携わっています。

展示会出展の企画、準備、カタログ作成、新製品開発の進捗状況の確認などがおもな仕事ですが、特にルーティンは無く、仕事も日によってさまざまです。会議へ参加することや開催することも多く、セミナーや展示会など予定の無い日は他社情報を収集して自社製品につながる企画を考えたりしています。今後は、よりお客さま目線で役に立つものづくりの企画をし多くのお客さまに喜んでもらいたいです。

当社は設計、調達、生産まですべて社内で行っているので、課内はもちろん他部署とのチームワークがとても大切ですが、上下関係を気にせず皆フラットに意見が言える雰囲気です。飲み会などもほどほどあり、非常にフレンドリーで楽しい社風。全社行事もあり、他部署との交流もチームワークの良さに一役買っていると思います。自由に意見が言えるので、チャレンジ精神が強く、アイデアを生かして仕事がしたい方に当社は向いていると思います。

就活生の皆さんへメッセージ!

就職活動中、私はどのように仕事についていいのかわからず悩み、苦しみましたが、今は、それがとても役に立っていると感じます。自分と向き合ったり、社会について勉強することは、人生の中でも就活中にしかできない貴重な体験だと思います。ぜひ前向きにいろいろな会社との出会いを大切にし、さまざまな価値観に触れて自分を高めていってほしいと思います。